出会った頃に戻りたいという気持ち

shimpei post on 10月 16th, 2013
Posted in 関係性

続きですが、こんな話もしてくれました。「お金のことにも問題があります。お金はたくさんありますが、私が何を買っても、使い過ぎだと言われます。私が自分のお金でとても注意深く、彼とは何の関係もない何かを買ったとしても、彼は私が新しいものを身につけていることに気づくと、どこで買ったのか、なぜ必要だったのかを聞いて、言いがかりをつけてくるんです。夫は、子どもたちの私生活で彼らが決めることまで、私が彼に相談することを望むんです。とてもひどい状況になって、私は子どもたちに彼らの状況を話してくれなくてもいいと言いました。夫が聞いてくれば、話すことになり、私は子どもたちにこう言うべきだったというような、彼のお説教を聞くはめになるからです。夫はあまりにも支配的なので、下の娘は、父親にもう話をすることができなくなっています。どうして夫は自分のことだけに、専念しないのでしょうか。私は体が弱く、よく体調を崩してしまうんですが、夫は私の健康についてとても心配してくれます。ですが、夫は私にとって何が最善かをいつも知っているかのように指示を出すんです。私の気分が悪くなったときに、夫が言うことはいつも決まっています。「お前はいつも頑張り過ぎなんだよ。僕がやるからおとなしくしてな。それに、どうせ僕がやったほうがお前よりもうまくできるんだから」夫が私を愛していないということではありません。むしろ、あまりにも愛し過ぎていて、私のために何でもやりたいんです。彼は何事でも、誰のことでも、自分が主導権を握っていないと、満足できないんです。率直に言うと、これから夫のことをどうしたらいいのかわかりません。彼は若いころには、大きな会社を経営していました。そのころ彼は、自分のエネルギーのほとんどを従業員に指示を与えることに使っていたのですが、引退してからは、一日中、私やまわりの人を細かく管理しています。もううんざりです。」本当につらそうでした。出会った頃は誰しもがそうであるように本当に幸せで、思いやりにあふれていたようです。出会った頃に戻りたいと何度も言っていました。でも、もう出会って頃には戻れないですからね。今の現実を直視して改善していくしかないわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>