不幸せの原因は?

shimpei post on 10月 15th, 2013
Posted in 関係性

不幸せな結婚をしている夫婦のほとんどは、互いに不幸せの原因は相手にあると信じ、相手を責めている。不幸せな夫婦は互いに、無意識のうちに相手を自分の望むような人に変えようとしている。相手を変えようと思うのは、自分は常に、相手にとって何が正しいかを知っているという前提からきているわけですよね。こんな風に思っている場合が多いのです。こんな話も聞きましたよ。

「旦那の態度は子どもについても全く同じです。子どもが小さいときからその問題はずっと続いていました。子どもたちは成長して、今では孫もいます。子どもたちは私に電話をくれて彼らの様子を話してくれます。そして私が夫に子どもたちの様子を知らせると、子どもたちにはそうすべきではなかったと言います。夫にとって、私が正しいものを買ってくることはないんです。彼は意地悪というわけではありませんが、私をまるで無能であるかのように扱います。そして私の間違いを何度も何度も指摘するんです。どんなことであろうと、彼が間違うことは決してなく、私が正しいということも決してないんです。」

このような環境で幸せだと感じる人なんて誰もいませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>